田中事件

IMG_1840.JPG

"人並みの事件だ。"

-田中事件-  

 2007年、熊本でベース:阿座上友葵、ドラム:岩永寿真子、ギター小柳俊人(~08年)らとオルタナティブロックバンドKlagenicoleを結成し2枚のミニアルバムを自主制作。岩永の東京転居で同バンドが2010年に活動休止となった。その後は、西村直(Scofitz/Niagara Power Stone/Love Samba Deesほか)との弾き語りユニットKlagitzや、ベース:阿座上友葵(途中から小笠原になった)、キーボード:高倉(今は大河)瞳、ドラム:吉武樹生らとのピアノロックバンドMice Wet Shoesなどでソングライティングを続けるほか、オルタナティブロックバンド"zankyo-souchi"のギターとして多数のレコーディング、ライブを行った。2019年からは"nahuelito"にもギタリストとして参加した。

 ほとんどソロで活動する事はなかったが。昔、熊本に存在したライブハウス"バトルステージ"のフリーイベントに一人で出演した際に、なんとなく、「田中事件」という適当な名前を付けて弾き語りをした。「東京事変が居るから田中事件にしよう」という以上の意味はなく、東京事変も好きではあったがどちらかというと椎名林檎名義の方が好きだった。それ以後も稀に単体で活動する際には「田中事件」と名乗っていた。

 2019年、全てのリーダーバンドが活動休止になった事に伴い、ソロ「田中事件」として定期的に何らかの活動する事を決意、まず11曲入りの1st solo album "Requiem for My Generation"を制作した。2019/10/9にULTRA-VYBEより発売することとなった。

itunes/Apple Music

Spotify

  • Facebook Basic Black
  • Twitter Basic Black

©2023 by 田中事件 Wix.com で作成されました

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now